atachibana's blog

引っ越しました。http://unofficialtokyo.com

竹取物語

竹取物語 全訳注 / 上坂信男 / 講談社学術文庫 / 360円 (1978)カバーデザイン 久住和代 竹取物語 全訳注 (講談社学術文庫) 作者: 上坂信男 出版社/メーカー: 講談社 発売日: 1978/09/08 メディア: 文庫 クリック: 7回 この商品を含むブログ (2件) を見る 解…

悪夢の優勝カップ

悪夢の優勝カップ - プロゴルファー リーの事件スコア 2 / アーロン & シャーロット・エルキンズ / 寺尾まち子訳 / 集英社文庫 / 571円+税表紙イラスト: カスヤナガト 装丁: 刈谷紀子(P-2hands)Rotten Lies by Aaron & Charlotte Elkins (1995) 悪夢の優勝カ…

怪しいスライス

怪しいスライス - プロゴルファー リーの事件スコア 1 / アーロン & シャーロット・エルキンズ / 寺尾まち子訳 / 集英社文庫 / 571円+税表紙イラスト: カスヤナガト 装丁: 刈谷紀子(P-2hands)A Wicked Slice by Aaron & Charlotte Elkins (1989) 怪しいスラ…

本の雑誌 2013年2月号 (No.356)

本の雑誌 2013年2月号 (No.356) / 本の雑誌社 / 648円 + 税表紙デザイン 和田誠 / 表紙イラスト 沢野ひとし 本の雑誌356号 作者: 本の雑誌編集部 出版社/メーカー: 本の雑誌社 発売日: 2013/01/09 メディア: 単行本(ソフトカバー) クリック: 2回 この商品…

虐殺器官

虐殺器官 / 伊藤計劃 / ハヤカワ文庫JA / 720円+税カバーデザイン 水戸部功 虐殺器官 (ハヤカワ文庫JA) 作者: 伊藤計劃 出版社/メーカー: 早川書房 発売日: 2010/02/10 メディア: 文庫 購入: 75人 クリック: 954回 この商品を含むブログ (514件) を見る シェ…

本の雑誌2013年1月号 (No.355)

本の雑誌 2013年1月号 (No.355) / 本の雑誌社 / 762円 + 税表紙デザイン 和田誠 / 表紙イラスト 沢野ひとし三角窓口に「本の雑誌がうらやましい」として、神保町の活気に驚く宮崎の中学校教諭の投稿があります。私も同郷(しかも郡部!)なので、その気持ち、よ…

古本の雑誌

古本の雑誌 - 別冊本の雑誌16 / 本の雑誌社 / 1600円+税装幀 平野甲賀「本の雑誌」の古本関連の特集や記事をまとめ、更に有名な古本マニアの対談やエッセイに古書店側の視点も追加した本の雑誌別冊。先に出版された「本の雑誌11月号(No.353)」が神保町周辺を…

厭な小説

厭な小説 / 京極夏彦 / 祥伝社 / 1800円+税ありとあらゆる物理的、精神的、生理的な「厭」を物語の中に詰め込み、ついでに造本も厭な感じに古びて作った意欲的(?)な作品。確かに気分が滅入る話しは多いものの、そこまで「厭」になるでなく、また処理もすべて…

本の雑誌2012年12月号 (No.354)

本の雑誌 2012年12月号 (No.354) / 本の雑誌社 / 648円 + 税表紙デザイン 和田誠 / 表紙イラスト 沢野ひとし読者アンケートの「活字の勘違い!」。あるあるネタが多かった中に異色(?)の意見が一つありました。ところで私は原則、小説類は最初から読み始め、途…

本の雑誌2012年11月号 (No.353)

本の雑誌 2012年11月号 (No.353) / 本の雑誌社 / 762円 + 税表紙デザイン 和田誠 / 表紙イラスト 沢野ひとし特集は「神保町で遊ぼう!」。編集部を神保町に移したのは正解でしたね。短期間でこれだけ充実した特集と別冊を発行できるのですから、ロケーション…

本の雑誌2012年10月号 (No.352)

本の雑誌 2012年10月号 (No.352) / 本の雑誌社 / 648円 + 税表紙デザイン 和田誠 / 表紙イラスト 沢野ひとし特集は「国書刊行会の謎と真実!」。単純に新潮社、早川書房と続く出版社訪問でない、国書刊行会そのものを、想像の斜め上を行く魅力と真実でたっぷ…

本の雑誌2012年9月号 (No.351)

本の雑誌 2012年9月号 (No.351) / 本の雑誌社 / 684円 + 税表紙デザイン 和田誠 / 表紙イラスト 沢野ひとし特集は「文芸誌とは何か、愛である」。ツボちゃんによれば「例えば『新潮』、『群像』、『文學界』、そして『文藝』、『すばる』のこと」であって、…

本の雑誌2012年8月号 (No.350)

本の雑誌 2012年8月号 (No.350) / 本の雑誌社 / 762円 + 税表紙デザイン 和田誠 / 表紙イラスト 沢野ひとし特集は「上半期ベスト1」。本誌でも高評価のものをきちんと並べてあり選出作はどれも面白そう。ただ第1位の読みどころが先月の原稿と全く同じという…

本屋大賞2012

本屋大賞2012 / 本の雑誌社 / 552円+税表紙デザイン 寄藤文平 本屋大賞2012 作者: 本の雑誌編集部 出版社/メーカー: 本の雑誌社 発売日: 2012/04/11 メディア: 単行本(ソフトカバー) クリック: 1回 この商品を含むブログ (7件) を見る 大々的に発表さ…

本の雑誌2012年7月号 (No.349)

本の雑誌 2012年7月号 (No.349) / 本の雑誌社 / 648円 + 税表紙デザイン 和田誠 / 表紙イラスト 沢野ひとし 本の雑誌349号 作者: 本の雑誌編集部 出版社/メーカー: 本の雑誌社 発売日: 2012/06/12 メディア: 単行本(ソフトカバー) クリック: 1回 この商品…

ダブルプレー

ダブルプレー / ロバート・B・パーカー / 菊池光訳 / ハヤカワ文庫HM / 840円+税カバーデザイン : ハヤカワ・デザイン カバー写真 : (C) Bettmann/CORBISDouble Play by Robert B. Parker (2004) ダブルプレー (ハヤカワ・ミステリ文庫 ハ 1-45) 作者: ロバ…

本の雑誌2012年6月号 (No.348)

本の雑誌 2012年6月号 (No.348) / 本の雑誌社 / 648円 + 税表紙デザイン 和田誠 / 表紙イラスト 沢野ひとし「飼い喰いサバイバル対談」は町中で豚3匹を飼育し食べた内澤旬子と、猟をする編集者 服部文祥とが語る殺したり食したりしながら考えたこと。6ペーじ…

本の雑誌2012年5月号 (No.347)

本の雑誌 2012年5月号 (No.347) / 本の雑誌社 / 648円 + 税表紙デザイン 和田誠 / 表紙イラスト 沢野ひとし今号では吉野朔実の「駅には怪しい秘密がある」がとても良かったです。駅の概念が変わった、という言葉とリヨン駅のカット。国境線を列車で越える感…

本の雑誌2012年4月号 (No.346)

本の雑誌 2012年4月号 (No.346) / 本の雑誌社 / 648円 + 税表紙デザイン 和田誠 / 表紙イラスト 沢野ひとし特集は「早川書房に行こう!」。ファンとしては楽しみな特集でしたがその期待を裏切らずイラストはcocoさん、同伴は大森さん、大人の対応の東京創元社…

本の雑誌2012年3月号 (No.345)

本の雑誌 2012年3月号 (No.345) / 本の雑誌社 / 648円 + 税表紙デザイン 和田誠 / 表紙イラスト 沢野ひとし特集は「懐かし本大会!」。「懐かし本」=「ミステリ & SF」いう構図ですが誰しもそうなのでしょうかね、確かに学校図書館にルパンとホームズと怪人二…

本の雑誌2012年2月号 (No.344)

本の雑誌 2012年2月号 (No.344) / 本の雑誌社 / 648円 + 税表紙デザイン 和田誠 / 表紙イラスト 沢野ひとし一時期、芥川賞のインタビューが話題でしたが、本誌の連載を読む限り円城塔さんもかなり変わった方のように見えます。相手が悪かった(良かった??)の…

影に潜む

影に潜む / ロバート・B・パーカー / 菊池光訳 / ハヤカワ文庫HM / 800円+税カバーフォーマット : 辰巳四郎 カバーデザイン : ハヤカワ・デザイン カバー写真 : (C) PPS通信社Stone Cold by Robert B. Parker (2003)二丁の拳銃を使った殺人が発生する。パラ…

本の雑誌2012年1月号 (No.343)

本の雑誌 2012年1月号 (No.343) / 本の雑誌社 / 762円 + 税表紙デザイン 和田誠 / 表紙イラスト 沢野ひとし毎月思いますがクロ日記はつらいなぁ...。特集は「本の雑誌が選ぶ2011年度ベスト10」。浜本編集長一人が否定して『マザーズ』が2位。「私のベスト3」…

おすすめ文庫王国 2012

おすすめ文庫王国 2012 / 本の雑誌社 / 798円 (760円)表紙イラスト 長谷川仁美表紙デザイン 戸塚康雄本の雑誌が選ぶ文庫ベストテンの1位は三上延『ビブリア古書堂の事件手帖』。まったくのノーチェック。古本ネタのミステリーで面白そうだけど、カバーの絵柄…

この世でいちばん大事な「カネ」の話

この世でいちばん大事な「カネ」の話 / 西原理恵子 / 理論社 / 1300円装画 : 西原理恵子 / 表紙・画 : 100%ORANGE/及川賢治 / ブックデザイン : 祖父江慎+安藤智好(cozfish)青少年向けの本音新書というよりも西原入門書として最適な一冊。彼女の背景にある高…

アジャストメント

アジャストメント / フィリップ・K・ディック / 大森望編 / ハヤカワ文庫SF / 940円+税カバーデザイン : 土井宏明(ポジトロン)Adjustment Team and Other Stroies by Philip K. Dick古びないのはディックが偉大だからなのか翻訳のセンス(浅倉久志&大森望)が…

騙す骨

騙す骨 / アーロン・エルキンズ / 青木久惠訳 / ハヤカワ文庫HM / 840円+税金カバー写真 (C) Alamy/PPS通信社 / カバーデザイン ハヤカワ・デザインSkull Duggery by Aaron Elkinsギデオンは、ジュリーのいとこアニーが経営するメキシコの観光リゾート牧場を…

虚栄

虚栄 / ロバート・B・パーカー / 奥村章子訳 / ハヤカワ文庫HM / 840円+税カバーデザイン : ハヤカワ・デザイン カバー写真 : (C) Smart Creative/Corbis (C) Tom Grill/CorbisBlue Screen by Robert B. Parker (2006)映画プロデューサーのバディーは、お抱…

妖怪大戦争

妖怪大戦争 / 荒俣宏 / 角川文庫 / 590円カバー写真提供: 角川映画三池崇史監督の子供向け映画の原作、程度に軽く読み始めたところ意外や意外、帝都物語の外伝的な話で、これまで明瞭に語ってこられなかった加藤保憲の背景が分かりやすく描かれます。すなわ…

飛行船の上のシンセサイザー弾き

飛行船の上のシンセサイザー弾き / 難波弘之 / ハヤカワ文庫JA / 300円カバー: 佐藤道明解説の中島梓が触れているように、発行当時(1985年)でさえ多少古びた感のある、日本SFの原型 - 正体を明かさない中盤と意外なオチという構成、会話主体のくだけた流れ、…

皮膚の下の頭蓋骨

皮膚の下の頭蓋骨 / P・D・ジェイムズ / 小泉喜美子訳 / ハヤカワ文庫HM / The Skull Beneath the Skin / P. D. James女優クラリッサの島での公演の見張り役を依頼されたコーデリア。コーシイ島には島の所有者であり公演を主催するアンブローズや、演劇評論…

メデューサとの出会い

メデューサとの出会い <ザ・ベスト・オブ・アーサー・C・クラーク 3> / アーサー・C・クラーク / 中村融編、浅倉久志他訳 / ハヤカワ文庫SF / 1000円+税Cover Design 岩郷重力 + T.KThe Best of Arthur C. Clarke Vol.3クラークの短編を中心にセレクトする3…

原始の骨

原始の骨 / アーロン・エルキンズ / 嵯峨静江訳 / ハヤカワ文庫 / 820円+税カバー写真 (C) Kenneth Garrett/GettyImages / (C) Glowimages/GettyImages / カバーデザイン ハヤカワ・デザインUneasy Relations by Aaron Elkins (2008)ジブラルタルでホモサピ…

本の雑誌2011年12月号 (No.342)

本の雑誌 2011年12月号 (No.342) / 本の雑誌社 / 648円 + 税表紙デザイン 和田誠 / 表紙イラスト 沢野ひとし岸本佐知子という訳者への言及が2回出てきました。1回目はトヨザキ社長、2回目は青山南。Google IME も一発で変換する柴田元幸クラスに有名な方のよ…

新帝都物語 維新国生み篇

新帝都物語 維新国生み篇(上)(下) / 荒俣宏 / 角川文庫 / 781円+税(上) 857円+税(下)カバーイラスト: 田島昭宇 カバーデザイン: 片岡忠彦 加藤は新撰組副長土方歳三と共に会津若松で戦い、飯盛山に八門遁甲の陣を張って幕府軍の手助けをするが、坂上田村麻呂…

本の雑誌2011年11月号 (No.341)

本の雑誌 2011年11月号 (No.341) / 本の雑誌社 / 648円 + 税表紙デザイン 和田誠 / 表紙イラスト 沢野ひとし特集は「天下無敵の人生相談!」。回答者のウエちゃん登場に驚いた人も多かったのではないでしょうか、実はブログも(http://ueue.blog.eonet.jp/_ueu…

もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの『マネジメント』を読んだら

もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの『マネジメント』を読んだら / 岩崎夏海 / ダイヤモンド社 / 円イラスト ゆきうさぎ / カバー背景 益城貴昌(Bamboo) / 装丁 萩原弦一郎(デジカル)中身はタイトル通りに高校野球部の女子マネージャーが、ドラッ…

本の雑誌2011年10月号 (No.340)

本の雑誌 2011年10月号 (No.340) / 本の雑誌社 / 648円 + 税表紙デザイン 和田誠 / 表紙イラスト 沢野ひとし特集は「平成時代小説八百八町」。初心者にありがたい対談は青木逸美と東えりか。その後の作家相関図も分かり易く、この2本の記事さえ抑えておけば…

遠すぎた星

遠すぎた星 - 老人と宇宙2 / ジョン・スコルジー / 内田昌之訳 / ハヤカワ文庫SF / 860円+税カバー・イラスト : 前嶋重機 / カバー・デザイン : ハヤカワ・デザインThe Ghost Brigades by John Scalziコロニー連合を裏切り、オービン族ら側についたドクター…

運命の息子

運命の息子(上)(下) / ジェフリー・アーチャー / 永井淳訳 / 新潮文庫 / 各705円+税カバー装幀: 緒方修一 / カバー写真: (C)Sam Harris/amana imagesSons of Fortune by Jeffrey Archer カートライト家に生まれた双子は、一人はナット・カートライトとして、…

ウィンター・ムーン

ウィンター・ムーン (上)(下) / ディーン・R・クーンツ / 田中一江訳 / 文春文庫 / 各520円装画 : 藤田新策 / デザイン : 坂田政則Winter moon by Dean R Koontz (1994)ロサンジェルス市警のジャックは、ガソリンスタンドでの銃撃戦で重体となる。同じ頃ジャ…

本の雑誌2011年9月号 (No.339)

本の雑誌 2011年9月号 (No.339) / 本の雑誌社 / 648円 + 税表紙デザイン 和田誠 / 表紙イラスト 沢野ひとし特集は「社史は面白い!」。ビジュアルなものから町の本屋やミニコミ誌の社史まで本の雑誌らしい社史を幅広く取り揃えましたが、やはり冒頭の講談社、…

本の雑誌2011年8月号 (No.338)

本の雑誌 2011年8月号 (No.338) / 本の雑誌社 / 705円 + 税表紙デザイン 和田誠 / 表紙イラスト 沢野ひとし特集は「上半期ベスト1」。ベスト10に挙げられた作品も、月別ベスト1に挙げられた作品も、どれも魅力的で充実の内容。月別ベストという新しい切り口…

ハンターズ・ラン

ハンターズ・ラン / ジョージ・R・R・マーティン、ガードナー・ドゾワ & ダニエル・エイブラハム / 酒井昭伸訳 / ハヤカワ文庫SF / 1800円Hunter's Run by George R.R. Martin, Gardner Dozois & Daniel Abraham植民惑星サン・パウロの酒場で、独立探鉱師ラ…

本の雑誌2011年7月号 (No.337)

本の雑誌 7月号 (No.337) / 本の雑誌社 / 648円 + 税表紙デザイン 和田誠 / 表紙イラスト 沢野ひとし特集は「私小説が読みたい!」。杉作J太郎、壹岐真也、大竹聡の見事なまでのダメっぷりを連続して読むともうぐったり。私も大した人間ではありませんが、こ…

過ぎ去りし日々

過ぎ去りし日々 / ロバート・B・パーカー / 菊池光訳 / ハヤカワ文庫HM / 880円+税カバー: 辰巳四郎All Our Yesterdays by Robert B. Parkerアイルランドからボストンに至る三世代の男達の物語。祖父コンはアイルランド独立運動の兵士、父ガスはボストン警察…

屋根裏の散歩者

屋根裏の散歩者 / 江戸川乱歩 / 角川文庫 / 490円カバー: 高橋葉介大正から昭和にかけて、およそ1920年代の作品ですが、うーん、ちょっともう読めないですねぇ。「屋根裏の散歩者」タイトルが一番素晴らしい。中身は何だかな。犯罪自体も稚拙なら、明智のや…

本の雑誌2011年6月号 (No.336)

本の雑誌 6月号 (No.336) / 本の雑誌社 / 648円 + 税表紙デザイン 和田誠 / 表紙イラスト 沢野ひとし特集は30ページ丸々新潮社ネタの「新潮社に行こう!」。書評誌的に一つの出版社を取り上げるなんてどうなのよと最初は思いましたが、意外や意外に嫌味なく、…

マーティ

マーティ / スティーヴン・キング、バーニ・ライトスン画 / 風間賢二訳 / 学研ホラーノベルズ / 1800円カバー バーニ・ライトスン / 装丁 菊地信義Cycle of the Werewolf by Stephen King, 1983人狼に支配されたターカーズ・ミルズの1年を、各月ごとに1章、…

本屋大賞2011

本屋大賞2011 / 本の雑誌社 / 552円+税表紙デザイン 寄藤文平大々的に発表されているので順位を公表してもよいかと思いますが、大賞は『謎解きはディナーのあとで』。表紙とキャッチコピー「お嬢様の目は節穴でございますか?」から冴えていますが、内容もそ…